中学生や高校生にも多い水虫_恥ずかしくて隠したい体験談

最近では中学生や高校生にも多い水虫!もちろん自衛隊や看護師さん介護士さんにも!いつ、どのようにして感染したのか、水虫になって恥ずかしかったことは?友人や恋人に隠す方法やどのようにして治したのかについて、体験談を集めました。

中学生時代の水虫体験談と現在も気を付けている水虫対策

f:id:secondhandcar:20170614171710j:plain

水虫の原因は部活?祖母?

私が初めて水虫になったのは14歳の中学生の時です。
風呂上りにあぐらをかいていたら、足の付け根が白く模様のようになっていることに気付きました。
その時はそこまで気にしていませんでしたが、1週間後くらいから痒みが出てきたので「水虫だ」と思いました。
私の場合は
・足の付け根の部分が白く乾燥しているような状態
・皮がむけてしまう
・時々痒みに襲われる
といった症状でした。

原因として考えられるのは、
①毎日同じ上履きを履いていること
②部活がバドミントン部だったので、足に汗をかいて不衛生だったこと
の2点です。

またこの時、祖母も水虫にかかっていました。
脱衣所の足ふきマットなど、共有して使っているものから「移ってしまったのかな?」という疑問もありました。

水虫だとわかった当初は、「この歳で水虫かよ!」というショックな気持ちでしたが、「周りにバレる前に早いとこ治さないと!」という気持ちで当時は必死でした。
その当時は携帯電話を持っていなかったので、調べることもできなかったため、父に相談して薬を買ってきてもらいました。

中学生の思春期というのは、すぐ周りが騒ぎ出しますから、友達の家に行ってもなるべく靴下は脱がないようにしていました。イジられるのが嫌だったので、足の裏を見せないようにさりげなく隠そうということばかり考えていました。

私の水虫治療法

そんな私が実際に水虫を治療するために取り組んだことが下記の4点です。

①まず、前から使っていた上履きを捨てて、新しい上履きを買いました。1年生から使っているので、買い替えにはちょうど良いタイミングでした。

②授業中に上履きを脱ぐ

なるべく外気にさらしたほうがいいと考え、上履きを脱いで足を伸ばしていました。
ずっと靴を履いているよりかは蒸れないのと、すぐに取り組めるため始めました。

③市販の薬品や専用のソープを使う

買ったのは、ブテナロックのクリームタイプと足洗ソープです。中学生が買うには恥ずかしすぎたので、親に買ってもらいました。

④学校から帰ってきたらすぐシャワーを浴びる


学校から帰宅後すぐにシャワーを浴びるようにして、その際に足洗ソープを網目のネットを使ってしっかり洗うようにしました。早く治したくて念入りに洗っていたのを覚えています。

シャワー後、しっかり乾燥したのを確認してからブテナロックを塗りました。正直これ以外にやったことはないので、症状としては軽い方だったのかも知れません。市販薬で効くのか半信半疑でしたが、2ヶ月ほど使用すると目立たなくなってきました。

それからも、念のため半年間くらいはブテナロックと足洗ソープの使用を続け、自分の中では完治したつもりでいます。

 

現在も気をつけていること

現在はサラリーマンとして働いていますが、中学生時代の体験があったことで水虫に関しては敏感になっています。今も気を付けているのが下記4点です 。
・連日同じ革靴を履かない
同じ靴を連日履けば、蒸れて水虫が発症する可能性は高くなります。今使っている革靴は3足あるので、ローテーションするように使っています。
・会社から帰ってきたら、革靴に乾燥材を入れる
靴屋さんやLOFTに行くと靴の乾燥材が売っています。会社から帰ってきたら乾燥材を入れておけば、防菌やニオイのケアにもなります。

・帰宅後、足だけ洗う

夜寝る前にシャワーを浴びるのですが、帰宅後に足だけ洗うようにしています。もちろん足洗ソープは現在も使っています。1日革靴を履いていると非常に蒸れるので、足を洗うことですっきりすることができます。
・家ではなるべく靴下をはかない
蒸れの原因となるため、家では靴下はなるべく履かないようにしています。風通しの良いスリッパを使用して、なるべく足が空気に触れるようにしています。

以上が私の水虫体験です。これから梅雨の時期に入り、更に湿度が上がってきます。そうすると水虫には好都合の環境なので、これからも気を付けながら生活したいと思います。