中学生や高校生にも多い水虫_恥ずかしくて隠したい体験談

最近では中学生や高校生にも多い水虫!もちろん自衛隊や看護師さん介護士さんにも!いつ、どのようにして感染したのか、水虫になって恥ずかしかったことは?友人や恋人に隠す方法やどのようにして治したのかについて、体験談を集めました。

高校生の時に父にうつされて水虫になってしまいました

f:id:secondhandcar:20170614163709j:plain

ある日、足の指の間がかゆくなってきました

高校生だった夏のこと、ある日なんだか足の裏がかゆくなってきました。見てみると、足の裏に水泡ができ、足の指と指の間がじゅくじゅくになっていました。えーっと驚きましたが、父親が水虫だったので、うつされたな、とピンときました。とはいえ、その時は特に深く考えず、見なかったことにしよう、と思ってしまいました。もともとずぼらな性格だったので、体を洗うときもかなり適当だったので、それが原因だったのかもしれません。

それからしばらくは、特に何もせずに過ごしていたのですが、やはり、かゆくて気になるようになってきてしまいました。また、指の間の皮がむけてジュクジュクになってしまったので、ティッシュペーパーを細くして指の間にはさんでから靴下を履くようにしたりしていました。また、足の裏の水ぶくれも気になり、気づいては潰して、ティッシュでふきとる、こんなことをしばらく続けていました。

当時は高校生だったので、親との距離も少しできていて、水虫が出来たことを話すのは恥ずかしかったし、一人ではまだ病院にも行けないし、ということで、どうしたものかと思いながら、なんとか治らないかなと思いながらしばらく放置していました。

 

意を決して薬を買うことにしました

自分なりに調べてみた結果、おそらくこのまま放置していても、きっと水虫は治らないだろうということが分かりました。そして、このまま放っておくわけにはいかない、この状態をなんとかしなければいけないと考え始めました。親に話すことも恥ずかしくてできないし、病院にも恥ずかしくて行けない、そもそも病院に行くには親に話す必要があるし、ということで、残された選択肢は薬局に薬を買いに行く、ということだけでした。
とりあえずお金を持って、薬局に行きました。水虫の薬の売り場の前に立っているだけでも恥ずかしく、本当に消えてしまいたい気持ちになりました。でも、薬を購入しないことには何も始まりません。高校生が水虫の薬を持ってレジに行くというのは本当に勇気がいる行為でした。

誰か知り合いに気づかれるわけにはいかないと思い、周りに人がいないことを確認し、帽子を深くかぶって、勇気を持ってレジに行きました。レジのおばさんには、「この商品でいいんですね」とわざわざ聞かれて、早くして!と思いながら頷きました。なんとか薬を購入することが出来て、全速力で家に帰りました。家に着いて、自分の部屋に入ったら、すごくホッとしました。

 

薬を塗ったら徐々に治ってきました

家に帰って説明書を読み、早速、薬を塗ってみました。特にしみるわけでもなく、本当にこれが効くのかなぁと半信半疑でした。でも、これしか手段はないわけですから、普段はずぼらで、なんでも三日坊主の私ですが、これは絶対に続けなくちゃと思っていました。

朝と夜に毎日、足の裏や指の間に薬を塗る日々。続けて2週間ほどで、新たな水泡ができなくなり、足の指の間の皮膚がきちんとできていることに気が付きました。水虫が治ってきた、とホッとしたのを覚えています。普段は、何かを続けるのが苦手なのに、その時はよっぽどせっぱつまっていると感じていたのか、毎日毎日せっせと薬を塗っていました。でも、そのうち薬がなくなってきてしまいました。もう大分治ってきたけれども、説明にも症状がなくなってから1か月は続けてくださいと書いてあります。

どうしようと迷ったけれども、完治したいという思いが強く、また嫌な薬局に薬を買いに行くことにしました。今回もドキドキしたけれども、2回目ということもあって、前回よりはすんなり購入することが出来ました。こうして、高校生だった私の水虫は完治しました。その後は水虫になることなく過ごせています。完治して良かったです。