中学生や高校生にも多い水虫_恥ずかしくて隠したい体験談

最近では中学生や高校生にも多い水虫!もちろん自衛隊や看護師さん介護士さんにも!いつ、どのようにして感染したのか、水虫になって恥ずかしかったことは?友人や恋人に隠す方法やどのようにして治したのかについて、体験談を集めました。

小学生の頃から水虫で大変な思いをしてきました....

f:id:secondhandcar:20170509170620j:plain

小学生ですでに水虫に....

現在33歳です(2017年現在)。
父がかなりの水虫だったために移ってしまい小学校の低学年の時にはすでに水虫になっていました。子供の頃の水虫の症状は皮膚がめくれて冬になるとひび割れてしまいお風呂に入るときなどとてもしみていたかったのを覚えています。
その当時から置き薬の塗り薬を使っていましたが、なかなか良くはなりませんでした、今思うと両親はなぜ皮膚科へ連れて行ってくれなかったのかなと思います。


小学校や中学校を振り返るとやはり友達やクラスメイトに水虫であることをバレたくないと思って生活していたので靴下を脱がなくてはいけない、水泳の授業や運動会、身体測定などの時はばれないようにしなきゃという思いで憂鬱でした。
当時はわかっていませんでしたが、中学3年生ごろには左足の親指が爪水虫になっていました、足の裏はまだ隠せましたが、爪は裸足になると見えるので隠すのが大変でした。

 

やっかいな爪水虫に....

私も治したいという意識はあり、塗り薬など使っていましたが、少し症状が良くなると塗るのをやめてしまっていました。そのせいでなかなか完治しないどころか自分では治しにくい爪水虫にまでなってしまいました。
高校生活は比較的靴下を脱ぐ機会は少なかったですが、思春期真っ只中です、彼女には絶対にバレたくないと思っていたのでそれはそれは隠すのは大変でした。

バレていなかったかどうかはわかりませんが、隠すのに必死でした、真夏でもなるべく素足になりたくないためにスニーカーを履いたりしていました。隠そうとすることで足が蒸れて余計に悪影響だったかなと思います。


23歳ころに付き合っていた彼女とは同棲する事になりました、さすがに隠しきるのは生活していく上でストレスになるし、隠しきれないだろうと思い彼女に水虫であることを打ち明けました。
どんなリアクションをされるのか少し心配でしたが特に引かれたりすることもなく市販薬ではなく皮膚科へ行くことを勧められました。
病院であれ、水虫できましたというのが少し恥ずかしい気持ちもありあまり行きたくありませんでしたが、水虫について少し調べたところ皮膚がはがれたりする程度の水虫は市販薬でも根気よく続ければ治るみたいですが爪水虫は皮膚科にかよわないと治すのは難しいと知り、これを期に皮膚科でしっかり治そうと思い通うことにしました。

 

皮膚科での治療

治し方、病院での治療は紫外線パネルに素足を30程度あてるという物でした。
後は、治し方、自宅で風呂桶にお湯をはり、液状の薬を混ぜて30分ほど足をつける、治し方、飲み薬も処方されました。
通院は週1回、その都度紫外線パネルで菌をやっつける治療。
自宅での風呂桶に足をつける処置は毎日だったのでなかなか根気のいる治療だなと思いました。
医師から言われたのは水虫を治すには根気がいるという事。特に爪水虫は菌が完全にいなくなるにはとても時間がかかる、爪が白濁する見た目の症状が良くなっても半年間は治療を続けないと水虫菌は完全には居なくならないと言っていました。

良くなったと思って勝手に通院をやめてしまうと再発してしまう人がたくさんいると言っていました。


その後、頑張って皮膚科へ通院しました。3か月くらいすると爪の白濁が少なくなっていきました。

個人的な理由で半年間しかその皮膚科に通えなくなり、別の皮膚科に行くなどしずにいましたが、徐々に爪水虫は治っていき、白くなり変形してしまっていた爪は一年後にはきれいに治ってくれました。
長年水虫を治すという事よりも隠す事に必死でしたが、一年間根気よく治療を続ればよくなるなら早く両親に連れて行ってもらうなどして早く皮膚科での専門的な治療を受けるべきだったなと強く思います。


今は、爪も足の裏もきれいになり夏場はサンダルなどを履くことを避ける必要もなくなり、治療してほんとによかったなと思っています。
市販薬でも治るかもしれませんが本当に治ったかどうかは素人では判断がつきにくいと思います。
正しい知識を得られればいいですがやはりプロにお任せするのが一番だと思います。