中学生や高校生にも多い水虫_恥ずかしくて隠したい体験談

最近では中学生や高校生にも多い水虫!もちろん自衛隊や看護師さん介護士さんにも!いつ、どのようにして感染したのか、水虫になって恥ずかしかったことは?友人や恋人に隠す方法やどのようにして治したのかについて、体験談を集めました。

介護士の私が水虫になったのは、やはりあの作業が原因だった....

f:id:secondhandcar:20170426154712p:plain

仕事で水虫に感染

私は以前介護士としてデイサービスセンターで働いていました。
自宅で入浴出来ない高齢者の方の入浴介助や食事、排泄介助を行っていました。
介護士として働き始めて数か月、両足の指の間に水虫が発症しました。


私の勝手な思い込みで水虫はご年配の方がなるものだと思っていたので当時19歳だった私には無縁だと思っていました。
足の指の間が痒いという症状を自覚しながらも、仕事で一日中運動靴を履いているせいで蒸れているから痒いのだろうと思っていました。


ですが日を置いても足のかゆみはなくならず、どんどん酷くなるばかりでした。
まさかとは思い皮膚科に受診してみると診断結果は水虫でした。
皮膚科で先生から言われた治し方を実践しました。

 

水虫薬を塗る日々

仕事柄、毎日入浴介助を行うので朝薬を塗っても結局お湯で流れてしまうので入浴介助が終わってから、ロッカーで人に見られないように塗っていました。
また、足の指と指をくっつけないように工夫し、毎日痒みと戦っていました。


頭では絶対に痒くても我慢しなければならないとわかっていても、掻いてしまっていたのでなかなか症状は良くなりませんでした。
それに掻きむしっていると痛いし血も出るのですが、なんとも言えない気持ちの良さにも襲われました。
痒い箇所を思い切り掻きむしることは、いつの間にか私にとってのストレス発散にもなっていました。
このままでも良いかとも思ってしまっていたのですが、足が汚いのはやはり嫌だったのできちんと治そうと決意しました。


治し方はそのままで、とにかく掻くことをやめました。
掻きたくなった時には、掻く前に髪の毛を触ったりして一つ余分な動作を入れることで意欲を削ぐという工夫をしていました。

 

水虫の感染経路

感染経路についてですが、高齢者の方は水虫に悩まされている方が多く、治療をせずにそのまま放置されている方が多いです。
そのままの足で裸足で入浴するわけですからもちろんお風呂場には菌がうようよいます。


介護士である私はその上を裸足で歩いて感染してしまっていたのです。
入浴介助には毎日入らなければいけなかったので、すでに感染しているのにも関わらず、お風呂場でまた菌をもらってきて、薬を塗って菌を殺す毎日でした。

 

入浴介助をしていると嫌でもお湯が足にかかります。温められると余計に足が痒くなるので辛い思いをしていました。恥ずかしかったので職場の人には誰にも相談できずに、我慢の日々を送っていました。

 

症状が治まるまでに2か月もの期間が…

日に日に症状が良くなってきて、約二か月ほどで完治しました。我慢できずに掻きむしっていたせいでなかなか治りませんでしたが、今思えば、職場の人に相談して入浴介助に入らなくても良いように工夫してもらってもっと早くに治しておけばよかったと思っています。


一度発症してから完治しても、また再発すると聞いていたのですが、私はその一度きりでした。
以前と同じように毎日入浴介助に入っていましたが、浴室内も脱衣場も個人で持ってきた専用のスリッパを履くことで感染する事はなくなりました。
とても辛い経験でしたが、あの痒さをもう一度経験したいと思ってしまうこともあります。痒い箇所を掻いている瞬間はなんとも言えない気持ちよさでした。


仕事を辞めたことにより感染する可能性は無くなりましたが、銭湯に行く際には、不特定多数の方が裸足で出入りしていて同じことが起きてしまう可能性があるので、気をつけたいと思います。
また、そのような場所から出る際はきちんと自分の足を消毒することが大切だと思っています。

 

あの経験があってから私は銭湯に行く際、必ず消毒用のウェットティッシュを持っていきます。
きちんと拭いた後に靴下を履いているのでおかげさまで足は健康です。
誰にでも感染する可能性があるので私のように思い込みで放置してしまったことで症状が悪化してしまわない事が大切だと思いました。