中学生や高校生にも多い水虫_恥ずかしくて隠したい体験談

最近では中学生や高校生にも多い水虫!もちろん自衛隊や看護師さん介護士さんにも!いつ、どのようにして感染したのか、水虫になって恥ずかしかったことは?友人や恋人に隠す方法やどのようにして治したのかについて、体験談を集めました。

40代を過ぎてからやっと見つけた、爪水虫の治療法

f:id:secondhandcar:20170710231515p:plain

医療知識の乏しさという不幸の現状について

「本当にこれで良いのか」...これは私だけでは無くて、私と同年代の方をはじめ、その他老若男女問わず、水虫類やそれらの罹患・対策などについての知識が無いような方全般に関しては、どうも同じであると考えられる現状があり得るからです。

事実、私自身は高校卒業後、家族から無理やり入隊をさせられた陸上自衛隊時代に罹患をした水虫が中々完治をせず、満期退職後においてのサラリーマン時代には、中々本格的な治療などへ通う事が出来なかった水虫が、同じ靴や施設内部においての同じ上履きなどによる長時間からなる履いた状態の機会などのせいもあり、悪化をしてそれが爪水虫へと発展し、現在40代半ばになりまさに、20年以上をも経た、明らかに末期状態のような外観及び全体的な罹患の様相になっています。

やはりこれも、正確な水虫に関しての本格的な防止・予防のための知識や、信頼出来る専門医などと出会う事が出来なかった不幸といったものが、一番の最大の原因でした。2014年の11月下旬に立ち上げた現在のインターネット事業をやっている中、ネット上での検索において、塗り薬だけではもはや完治をさせる事が出来ない事を知る事となった、まさに不幸な現在という今です。

 

なぜ、塗り薬だけでは完治が不可能なのか。その原因について

私の場合、ネット上での検索結果から、現在のような爪水虫のような爪の変形や爪色そのものの変色状況からして、著名である専門医が運営をしている専門サイトにある説明内容から、明らかに、末期症状である事がわかりました。

これがために、水虫の菌類が爪内部あるいは罹患をしている足指本体内部へ入り込んで、塗り薬のみでは完治がどうしても難しく、体内から潜んでいる水虫菌類を完全に何らかの形で除去をしていく以外にはないという、専門医の先生による説明からようく理解が出来ました。

確かに現在まで、2006年の6月辺りから使用し続けてきている新生薬品社が開発・製造などをしているネクストLXクリームなどは、1回のみの塗布だけで皮膚表面上にある水虫の治療には効果的な面がありますが、体内の菌類の退治までは出来ない事が、この検索結果によりようく理解が出来ました。

これがわかったのが、なんと、2014年の7月辺りの頃であり、自衛隊時代に罹患をした頃から約25年後の42歳になってからの事でした。そして現在事業主となり、ある程度自分のペースで仕事やノルマ設定などが出来るようになりましたので、これを機にして、信頼出来る専門医の先生を探しているような状況です。

 

信頼出来る爪水虫の専門医の先生を探していく難しさ

ただ、こうした現在46歳になり、中高年の真っ只中にある私が自分で言うのもなんですが、やはり、今の第2段落で話したような、本当に信頼出来る水虫の専門医の先生を探していく事自体、決して容易な事では無いのは間違いがありません。

本当に難しい判断であり、探索作業となる可能性がありますが、それでもこれをやらなければ話になりませんので、実に苦渋の治療や完治のための道である事には間違いがありません。そして、専門医を見つけたうえでその先生の下での診断を受けて、今度は体内から水虫菌類を退治をしていくための内服薬などに関しての指示や説明、紹介などを受けたりしたうえで、それから実践というスタートとなります。

そのためある意味、厳しい治療や完治を最終目標である道なのは間違いが無いものと思われます。やはり、そうした専門医をこれから探していくためにも間違いなく、現在の仕事で利用をしているインターネットシステムの利用などは、どうしても不可欠になります。そしてさらに、爪水虫などの基本的な知識を日頃から理解をしておくだけでは無くて、さらに、実際に専門医などとの症状に関しての話し合いなどをしたりしていく上においても必要になってきますので、そうした面でもコンピューター端末本体は欠かせません。そのくらいに厳しい現状が考えられますので、用意面での周到さが大切といえます。